ワールドホビーフェスティバル in 有明18 Final

  私の主観でインブレッションしてみました。敬称は略しています。

画像は塗装、組立が必要なガレージキットフィギュア中心です。

INDEXに戻る

 

 今回でWHF自体の最終開催となるWHF有明18Finalです。
 今回も神戸に引き続き新作はなく、アイテムは増えた物の同じ会場で2ヶ月前に開催されたWFで売った物と同じで、需要がWFで満たされたのか、販売の方は何一つ売れませんでした。

 今回も神戸に引き続き展示のみとなった「らきすた」アイテムに関しては、神戸よりも評判は良かったので、東京の客層は懐が広い様に思いました。

 睡眠は十分では有りませんでしたが眠気はそれ程なかったので、写真も多目に撮れました。
 撮影機材は何時も通りEOS 40DEF24-105mm F4L IS USMです。
 今回の構成で二度目となるビッグサイトですが、神戸の用に照明の色が偏っていないので、写りはすっきりしていますが、暗い所はとことん暗いので、暗すぎる場合は内臓フラッシュを使用しました。
 今回の写真は全て開場前に撮影した物で、基本的に撮影順に掲載しています。
 写真掲載に不都合が有ればその旨メールでご連絡下さい。

ドールハウス宇都宮







 「超音戦士ボーグマン」よりアニス・ファーム。
 表記スケールは1/5でしたが、表記スケールよりも大きい様に思えるボリュームでした。



かぐや姫







   新作のネリネ(Shuffle!)。
 今回も隣接申請でお隣さんでしたが、水着のフェイト・T・ハラオウンでブレイクしたらしく、開場前から人が並んでいいて、ネリネ、フェイト、劉備玄徳は開場後の行列が途切れる前に完売していました。



83℃















上からヴィータ、シグナナム、高町なのは。何れも「リリカルなのはStrikerS」。





オリジナル(厳密には仲本祭り)の仲本亜里早。


軽音堂





エヴァンゲリオンの惣流・アスカ・ラングレー。


つづきます。

INDEXに戻る